夢の海外旅行.com



エジプトの世界遺産ギザのピラミッドのすばらしさ

エジプトの世界遺産・ギザの大ピラミッドとは、ピラミッド建築の頂点とされるクフ王のピラミッドです。
ここは、世界の七不思議で唯一現存する建造物です。

なお、余談ですが最近選定された「新・世界七不思議」では、落選しました。
残念です。

世界遺産とは、1972年のユネスコは総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。

エジプトの「メンフィスとその墓地遺跡」から「ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」は、1979年に「文化遺産」 に登録されました。
世界4大文明のひとつ、ナイル川の恵を受けた豊饒のこの地は約3000年にわたる古代エジプトの繁栄を支えましてた。
そして、紀元前3000〜2500年前後、エジプト王国ファラオの確立で数多くのピラミッドが建造されたと思われます。

一般にピラミッドは「王の墓」と言われています。
しかし、実はその真相はよく判っていません。

ギザの三大ピラミッドとは、「クフ王のピラミッド」、「カフラー王のピラミッド」、「メンカウラー王のピラミッド」のことを指します。
これら特に完成度、保存状態が優れています。

中でも建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」は、建造目的や内部構造の点においても、世界の七不思議で唯一現存する建造物として慎重されています。

また、王家の偉大さのシンボル、ギザの「守り神」として建造されてる「スフィンクス」は、ピラミッドより200年前にはすでに点てられていたようです。
posted by 夢の海外旅行 at 08:55 | 海外の世界遺産その2

インドの世界遺産タージマハル

インドの世界遺産・タージマハルは、世界でもっとも美しい霊廟とよばれるインド北部アーグラにある総大理石造の墓廟建築なのです。
そして世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つもののことなのです。

このインドのタージマハルは、1983年に「文化遺産」に認定されました。
ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628〜1658)は王妃を溺愛していました。
そして、「ムムターズ・マハル」(宮廷の選ばれし者)と名づけました。

王妃は14人の子どもを生みます。
そして、やがて皇帝より早く「ムムターズ・マハル」が36歳の若さで死去すると、死を深く悲しみました。
そして、記憶を永遠に留めるために墓廟が建てられたとされています。

それがインドを代表する世界遺産「タージマハル」です。
これは、皇后の名から変化した(宮廷の冠)という意味だそうです。

建築物は、1632年に着手されました。
そして、22年の歳月をかけて造られたそうです。

全てが白大理石です。
そして、細かい彫刻が至る所に施されています。

また、左右対称で均整がとられています。
また、ムガル建築としての伝統を引き継ぎ高めた廟建築です。

敷地は17ヘクタールです。
そしてその庭園の中央の池に白大理石の映る廟は、とても幻想的で美しいです。
当時の年代記に「その偉容と美しさは、天上の七つの楽園をも凌ぐ」と記されているそうです。

皇帝はヤムナー川の対岸に自らの霊廟を黒大理石で造りました。
そして、タージ・マハルと橋でつなぐ計画であったと言います。

しかし皇帝は三男によってアーグラ城に幽閉されました。
残念ながらその夢は果たせなかったようです。
posted by 夢の海外旅行 at 08:34 | 海外の世界遺産その2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。