海外旅行:夢の海外旅行.com



海外旅行に必要なパスポートの取得と申請方法

海外旅行にはなくてはならないものかがあります。
それがパスポートです。

ではここでは海外旅行には必需品のパスポートの取得と申請方法について説明します。
・まずパスポートの申請費用です。
 10年旅券、16,000円。
 5年旅券、11,000円の申請費用がかかります(12歳未満の料金形態は異なります)。

次はバスポート取得に必要な書類を見ていきます。

・パスポート取得に必要な書類配下の通りです。、
1. 一般旅券発給申請書 1通 
  申請書は、各パスポート申し込み窓口、旅行会社で入手できます。

2. 戸籍謄(抄)本 1通

3. 住民票 1通(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、原則不要。)

4. 写真 1枚

5. 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚 未使用のもの。

6.申請者本人に間違いないことを確認できる書類 (有効な書類の原本に限ります)

以上がパスポート申請に必要な書類です。

続いてパスポートの申請場所を見ていきます。

・パスポートの申請は、住民票を登録している都道府県の旅券課で行います。
 申請窓口は県庁の本庁内に設置されている場合が多いです。
 ほとんどの都道府県でそれ以外にも申請窓口を設けています。

・申請受付時間は一般的に9時〜16時30分です。
 受けとれる時間帯も同様に9時〜16時30分です。
一般的に土・日曜日・祝日・年末年始は申請受付と受け取りは休みになっています。

混む時間帯は、休みあけの月曜日、時間帯では、昼間から夕方にかけて混み合います。

特にお盆時期と夏休み時期はかなり混雑するのでこの時期に申請する人は、比較的空いている午前中に行くといいでしょう。

このパスポートがないと海外旅行へはいけません。
ですので海外旅行がきまったらパスポートを早めに取得しましょう。
posted by 夢の海外旅行 at 12:13 | 海外旅行

パスポートの更新手続の必要性

あなたのパスポートの期限は大丈夫でしょうか?

ここではパスポートの更新手続きについて説明します。
現在お持ちのパスポートの有効期間が残り少なくなると、事前に手続きすることによって、パスポートの更新ができます。

パイポートの更新手続きは、残りの有効期間が1年未満になるとできます。
更新するためには指定の必要書類を用意して申請窓口に提出します。(パスポートの更新は、正式には切替発給といいます。)

それでは日本国内で行なう、手続きについて説明します。

@まず、指定された必要書類を用意します。
その必要書類とは以下のとおりです。
1.一般旅券発給申請書 1通 

2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通(ただし、パスポートの記載事項に変更があるときや、 サインを漢字で登録したいときは必要です。)

3.住民票の写し 1通

 4.身分証明書 1通(パスポートの有効期間が切れていても、6カ月以内であれば、そのパスポートがあればよく、他の身分証明書は不要。)

5.写真 1枚 

6.官製ハガキ 1枚 

7.印鑑

8.所有しているパスポート 

以上がパスポート更新に必要な書類一式です。

A必要書類が用意できたら次に、その必要書類を提出するのですが提出先はある条件により分かれてきます。
それは住所が以前と同じ住所か住所が変更しているかということで提出先が変わります。。

まず住所変更がない場合を見てみましょう。
前回パスポートを取得したときから、住所が変わっていない方は前回パスポートを申請した窓口へ、書類を提出します。

次は住所が変更した場合です。
前回パスポートを取得したときから、住所が変わった方は住民登録をしている都道府県の申請窓口へ、書類を提出します。

B更新された新しいパスポートができると、ハガキで連絡がありますので、窓口に出向いてパスポートを受け取ります。

期限が切れているとパスポートは使えません。
せっかく海外旅行に行くことを決めたとしてパスポートの期限がきれていたのでは旅行にはいけません。

ですので、パスポートの有効期間をよく確認して早めにパスポートを更新してください。

posted by 夢の海外旅行 at 16:24 | 海外旅行

パスポートの住所変更の仕方知っていますか?

パスポートの申請を変更しなければいけない場合はさまざまです。
ここではどういう場合に申請が必要なのかみていきましょう。

パスポートの変更申請が必要なケースは次のような場合です。

1.婚姻や養子縁組等により、戸籍上の姓を変更した場合  
2. 家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の姓又は名を変更した場合 
3. 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合
4.本籍の都道府県名が変わった場合です。

ただし、次の場合は訂正手続の対象になりませんので覚えておいてください。

(1)同じ都道府県内で転籍した場合は必要ありません。(パスポートの記載に変更がないため。)
(2)住所を変更した場合も必要ありません。(住所はパスポートの記載事項でないため。)

次に変更・訂正方法をみていきましょう。
パスポートの変更・訂正方法は2通りあります。
1.パスポートを新しく作りなおす方法
2.現在お持ちのパスポートの記載事項を訂正する方法です。

ではパスポート訂正に必要な書類は何なのかみていきます。

訂正するために必要な書類は、
1. 一般旅券訂正申請書…1通(申請書は旅券課窓口にあります。)
2. 戸籍抄本または戸籍謄本…1通
3. 現住所が確認できるもの…1点
4. 現在お持ちのパスポート 
5. その他 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合には、綴りの確認のため、配偶者のパスポート又は外国政府発行の婚姻証明書等が必要になります。

ちなみにバスポートの変更手数料は900円です。

婚姻届を出してから戸籍が訂正されるまでは少し時間がかかります。
その期間は約2週間程度です。

ただし婚姻届を結婚式の前後に提出して、すぐに新婚旅行に行かれる場合は、旧姓のパスポートでも問題ありません。

あなたも海外旅行に行く前にここであげた4つの申請変更事項に当てはまっているのならば
早めに変更手続きを行ってください。
posted by 夢の海外旅行 at 18:33 | 海外旅行

国際運転免許についてと取得の仕方

あなたは海外へ行ってドライブを楽しみたいですか?
もしそうならばぜひ国際運転免許証をとってください。

それではその国際運転免許証の取得方法について説明します。

日本の運転免許証は、当然ながら基本的に日本国内でのみしか自動車を運転することができません。
海外で自動車を運転するためには、別に国際免許証を取得する必要があります。

この国際免許証は海外で通用する免許証のことです。
これを取得することによって、海外で自動車等を運転することが出来ます。
またレンタカーも借りることも可能です。

さらに国際免許証はパスポート同様強力なID(身分証明)になります。
運転する予定の無い方もぜひ取得することを強くオススメします。

それでは国外運転免許証をどこで申請すればいいのか見ていきましょう。
国外運転免許証(国際免許証)の申請は、居住地の運転免許試験場又は警察署で行います。

申請に必要な書類は、以下のとおりです。
1.外国運転免許証交付申請書申請(窓口にて入手) 
2.運転免許証 
3.写真1枚(縦5cm×横4cm)(※写真は無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)
4.パスポート等、渡航を証明するもの 
5.古い国外運転免許証を持っている方は、その国外運転免許証 
6.印鑑(認印可) 
7.申請料 2650円。
これは外国運転免許証交付申請書記入後、申請料領収印紙2,700円分購入し申請表紙に張り付け、上記の書類と共に国際運転免許証交付申請窓口にて申請します。

そして、注意しておいてほしいのですがこの国際運転免許にも有効期限があります。
国運転免許の有効期限は発給から1年間です。

有効期限の切れた国際免許証は、すみやかに最寄の警察署に返納してください。

あと、国際運転免許の申請から交付にかかる時間ですが大体以下の時間をみておいてください。
運転免許試験場で申請する場合約40分から1時間で交付されます。


posted by 夢の海外旅行 at 22:36 | 海外旅行

初めての海外旅行で準備すべきものがあります。

あなたは初めての海外旅行でわくわくしていることと思います。
ここでは初めての海外旅行で準備すべ物について説明します。

まず一番先にパスポートが必要です。
当たり前ですがパスポートがなければ海外へ行けません。

次に航空券(e-チケット)です。
これがなければ飛行機に乗れません。
ただで乗せてくれる心優しい航空会社があればよいのですがそんな
会社はありません。

またクレジットカード は個人旅行の場合、必ず必要です。

つぎは日本円です。
あなたは海外にいくのならば日本円は必要ないと思われるかもしれませんが
帰国後の移動費の準備も必要です。

また海外旅行中に何が起きるか分かりません。
海外旅行傷害保険には必ず加入しましょう。
これで万が一なにかあっても大丈夫です。

それから、国際運転免許書 (レンタカー使用される場合は忘れずに準備しましょう。)

・ 国際学生証ISIC (学生証を提示すると安くなる場合が多々あります。)もあるのならば準備しましょう。


この他にも細々とした物がまだまだあります。
・スーツケース・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん)
・痛み止めや胃腸薬など常備薬
・衣類・寝巻き
・下着・上着・カーディガン・ジャケット(夏でも1枚は長袖を持って行きましょう。)
・ガイドブック・印刷資料(現地を効率よく回るための情報です)
・携帯電話(今では携帯を海外で使うことができます。)
・折り畳み傘 雨具
・近眼の方はメガネも必需品です。
・帽子なども準備しましょう。

あれば便利なグッズとして、機内安眠用グッズ ・いびき対策品 です。

機内安眠用グッズは持っているとわりと楽です。
また、イビキ対策品も周りの人への配慮に不安の方は準備しておきましょう。

では次に持っていく必要のないグッズを見ていきましょう。

必要のないグッズとしては、
・ドライヤー です。
 ドライヤーはホテルにも備え付けてあります。
 ですからわざわざ持っていく必要はありません。

・次にバスタオルです。
バスタオルもホテル、B&Bにも用意してあります。
ですからバスタオルもひつようありません。
・ 最後に日本食です。  
 もしあなたが海外旅行で自炊する場合があったとしてもお米もスーパー等で販売してあります。
 

あなたは海外旅行にいくのであって荷物運びではけしてありません。
余分な荷物を持っていかずにぜひ海外旅行を満喫してください。 
posted by 夢の海外旅行 at 22:27 | 海外旅行

海外旅行準備リストです。

ここでは簡単に海外旅行準備リストについて説明します。
海外を旅行するときに準備するべき持ち物・あると便利な荷物・必需品をリストアップしてみました。
そのリストは以下のとおりです。

・パスポート(唯一の身分証明書)
・ビザ(国によって免除されることもあります)
・イエローカード(特定の国に行くなら必需品)
・米ドルキャッシュ( 緊急用に)
・トラベラーズチェック(再発行可能だから安心です)
・クレジットカード (1枚あれば安心・便利)
・海外旅行傷害保険(必ず加入しましょう)
・緊急連絡先リスト(あらゆる災難を想定して)
・旅行パック(軽くて丈夫なものを用意)
・ 南京錠&ダイヤル錠(防犯に)
・アーミーナイフ (あると以外に便利)
・ ゴム(隠れた必需品。日本製がいちばん)
・ くつ下・下着・Tシャツ(各3-4枚くらい)
・ ズボン・スカート(1-2枚)
・ ウインドブレーカー(1枚あると便利)
・フリース(1枚あると便利)
・ くつ(履きなれたものを)
・ 眼鏡・コンタクトレンズ(目がわるい人は必需品。予備も)
・ トイレットペーパー (1ロール)
・タオル(2枚くらい)
・ 歯ブラシと歯みがき(生活必需品。現地調達可)
・ せっけん(生活必需品。現地調達可)
・シャンプー&リンス(生活必需品。現地調達可)
・ 洗たく洗剤&ロープ(手洗いを前提に)
・ シェーバー・かみそり・クスリ(必需品 痛み止めや胃腸薬など常備薬)。
・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん)
・時計・目覚まし時計(時間の確認のために)
・ガイドブック
・世界地図(現地を効率よく回るための情報です)
・英和辞書(語学堪能でない人には必需品)
・ペンとメモ(ちょっとした覚え書きに)

全部持っていく必要はないかもしれませんが参考に少し多めにかいてみました。
このなかからあなたに必要なものを選んで海外旅行に持っていってそして、旅行を
楽しんでください。


posted by 夢の海外旅行 at 21:21 | 海外旅行

海外旅行保険に入ろう

あなたは海外旅行で事件や事故に巻き込まれることはないと言い切れますか?
事故などは突然その身に降りかかります。

そんな時のために海外旅行保険があります。
では海外旅行保険について説明いたします。

遠く離れた異国の地へ出かけると不安な要素も多く、海外旅行先では日本での常識が通用しないことがままあります。
飛行機に積んだはずのスーツケースが出てこなかったケースもあります。
また、思いもよらないことで違反金を請求されたりしたりします。

突然の病気やケガなどは誰にでも起こる可能性があります。
国によっては救急車を呼んだだけで大金がかかったりします。
また、虫垂炎の手術で数十万、数百万の費用がかかったという話しもあります。

もしものトラブルが発生した場合に備えて海外旅行へ行く際には必ず海外旅行保険をかけましょう。

海外旅行保険の加入タイプを大きく分けると、2種類あります。
1つ目は旅行中に発生すると予想されるアクシデントやトラブルに対しての補償が組み合わされている「セット型」保険です。

2つ目は旅行者のニーズに合わせ、各種保険の中から予算に合わせて補償内容を選択できる通常「バラ掛け型」と呼ばれるものなどがあります。

行き先や旅行期間、ニーズに合わせてお得で、補償内容が充実したサポートサービスを選んでください。

また外国語がしゃべれない方は出国先でも日本語で対応が可能な会社を選ぶと安心できます。
海外旅行保険を使うことになることの例としては次のことが考えられます。
・疾病治療費用
・救援者費用
・治療
・救援費用
・疾病死亡
・入院一時金
・傷害(死亡)
・傷害(死亡特別)
・傷害(後遺障害)
・傷害(治療費用)
・賠償責任
・携行品損害
・航空機寄託手荷物
・航空機遅延など考えられます。

また海外旅行保険に加入するだけでは万全とはいえません。
出国先の状況を把握して、かかる可能性のある病などあれば予防していくことも必要です。

いかがでしたか?
旅行はどこへ行くにしても行く前は楽しいものです。
ですが、トラブルは本当に突然やってきます。

考えられるリスクは出来るだけ取り除くことが肝心です。
posted by 夢の海外旅行 at 23:27 | 海外旅行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。